貴社の記者が汽車で帰社した

Effective SQLを読んだJuly 11, 2019

第4章で挫折した...

Keep Reading →

SQL実践入門を読んだJuly 06, 2019

全体を通してレコードを集合として扱うということが書かれていました。私は、普段Railsを通してしかDBを触らないので新しい視点でした。いつもコードに落としていたロジックを一文のSQLで表現出来ていて爽快でした。次に、ウィンドウ関数、共通表、相関サブクエリを理解してないことが分かりました。あまり使ったことがないため、馴染みが薄のですが、手段の幅が広がるため実際に手を動かして動作を確かめたいです。最後に、第8、9章は疲れている時に読んだため理解が浅かったです。時間を置いて再度読み直そうと考えました。

Keep Reading →

APIデザインケーススタディを読んだJuly 03, 2019

1通りざっと読みました。とにかく扱っている内容(題材)が難しいと感じました。具体的には select や fork や fd(ファイルディスクリプタ)の部分で、全く触らない低レイヤーなため(だいぶ)自分が知らないことが分かりました。IO.read(0)の仕様決めについて興味を持ちました。ユースケースとしてCGI、固定長レコード、可変長レコードの3つを考慮して仕様を決めていました。ユースケースが重要だと再認識しました。最後に、自分はここまで考えて仕様を決められていないと感じました。考えているうちに疲れてきて途中で思考を打ち切ってしまっています。追記 → Integer#nonzero?が常にbooleanを返して欲しい!!

Keep Reading →

「マイクロサービスアーキテクチャ」を読んだMay 16, 2019

一通りザラッと読み通したが、あまり興味を持てなかった。これは私がマイクロサービスアーキテクチャのプロジェクトに携わる予定が無いからだろう。そうは言っても、5章の「モノリスの分割」だけは、へぇーと思ったので言及しよう。内容は、マイクロサービス間のデータの持ち方とトランザクションの話であった。現場で頻発する問題に対しての対応策が私の(肌感)とあっていた点が良かった。テクニカルな部分では、分散トランザクションがワクワクした。以上

Keep Reading →

「経済学の95%はただの常識にすぎない」を読んだMay 06, 2019

経済学の入門書である。特徴は経済の歴史とたくさんの学派が紹介されていることである。以下、3トピック程、抜粋してコメントを書く。トリクルダウン私自身、トリクルダウンという用語は良く聞くが、内容を良く分かっていなかった。「豊かな人々の税金を削減し、豊かでない人々への助成金を削減すると経済が成長する」という理論である。今では、割と批判の的になりがちな仮説(何故なら裏付ける事象がないらしい)である。経済カクテル9派の経済理論が紹介されていた。興味によってどの学派を読むのがお勧めか紹介されていた。私は個々の要素より、構造の観点が好きなのでMDKIでした。すなわち、マルクス経済学(M)、デベロップメンタリスト(D)、ケインズ経済学(K)、制度学派(I)である。経済的自由と政治的自由について経済的自由と政治的自由は、同一でない。経済的自由が無く政治的自由がない状態もあるし、逆の状態もある。私は…

Keep Reading →

2019/03/20March 20, 2019

オブジェクト思考設計実践ガイドを読んだ。以下の順で、クラスAとBの依存度が低くなっていくらしいが何となく理解しずらい。

Keep Reading →

2019/3/3March 03, 2019

omoiyari.fmの #4-1 エンジニアのビジネス志向、技術志向 を聞いた。「スプリントバックログが予定より早く終わったらどうする?」については、休めば良いと思いました。

Keep Reading →

メタプログラミングRubyを読んだFebruary 06, 2019

忘備録です。同じクラスに複数includeした場合のancestors後にincldueしたものが、メソッド探索の位置が浅くなる。細かいことClassクラスのスーパークラスは、Module。ClassとModuleの差分は、new・allovate・superclassのインスタンスメソッドが生えているかどうか。loadはコードを実行するために使い、requireはライブラリをインポートするために使う。ClassクラスのスーパークラスはModule。分からなかったことActiveSupport::Concern とか アトリビュートメソッド辺りから急激に理解が難しくなった...

Keep Reading →

JSのmapは、参照渡しJanuary 31, 2019

以下のように、連想配列をmapすると参照渡しで元の値が書き変わってしまいます...どうすれば良いのだ...

Keep Reading →

TypeScriptでスプレッド演算子を引数に取る関数の定義方法January 25, 2019

TypeScriptでスプレッド演算子を引数に取る関数の定義方法

Keep Reading →

2018/01/09January 09, 2019

有価証券報告書の平均勤続年数の定義、全然分からんな。。。

Keep Reading →

Railsのログって、どこで色分けしているのだろう?January 03, 2019

「Railsのログって、どこで色分けしているのだろう?」という疑問が湧いたので調査しました。結論は、 rails/activerecord/lib/activerecord/logsubscriber.rb のActiveSupport::LogSubscriber#sql_color で以下のように正規表現でマッチして色分けているのであった。

Keep Reading →

2019/1/3January 03, 2019

経済学の本を読んでいたらNetfixの例が紹介されていて、進んでいるなと思った。

Keep Reading →

ディープコピーするとHashのデフォルト値もコピーするのかDecember 29, 2018

「ディープコピーするとHashのデフォルト値もコピーするのか?」と思ったので、調べました。ということなので、コピーされました。

Keep Reading →

2018/12/19December 20, 2018

Web API: The Good Partsを読んだが、過去に3回くらい読んでいるので、特に感想はない...

Keep Reading →

idを複数指定出来る場合のエンドポイントDecember 19, 2018

Railsでidが必ず必須かつid指定が1つ or 複数の場合のAPIのエンドポイントをどうすれば良いのか分からない...具体的に記載すると http://localhost:3000/users/1, http://localhost:3000/users/1,2,3 みたいにカンマ区切りのidを指定するのが筋が良いかどうかです。

Keep Reading →

「Effective Ruby」を読んだDecember 13, 2018

Effective Rubyを読んだので、感想や気になった点などを書こうかなと思いました。項目2 オブジェクトを扱うときにはnilかもしれないということを忘れないようにしようダックタイピングとは、isa?メソッドではなくrespondto?メソッドを使うようにせよということである。全然記憶のかなたでしたが、分かりやすく納得のいく説明文だと思いました。項目3 Rubyの暗号めいたPerl風機能を避けようEnglishライブラリとか良く使われているのかな??私は、一回も使われていることを見たことが無い。cf. library English項目7 superのふるまいがひと通りではないことに注意しようsuperとsuper()の挙動の違いをいつも忘れてしまう...superは、呼び出し元メソッドに与えられた全ての引数を渡す。super()は、引数を一つも渡さないとのこと。項目17 nil…

Keep Reading →

2018/12/01November 30, 2018

Red-Black Tree について聞いていた。↓ここです。https://misreading.chat/2018/08/26/episode-28-left-leaning-red-black-trees/

Keep Reading →

2018/11/26November 27, 2018

アドとPRの違いを知った。PRはクライアントからお金がでないらしい。

Keep Reading →

2018/11/25November 25, 2018

知人に祝い事があったので、祝った!!!

Keep Reading →

2018/11/23November 24, 2018

セルフヘルプの概念は、宗教っぽくて苦手。。。

Keep Reading →

2018/11/21November 21, 2018

リーダーロマンス、という言葉を学んだ。なるほど、という感じだ(言及を避ける)。

Keep Reading →

2018/11/19November 19, 2018

朝肉まんを食べたら、美味しかった。こんな暮らしを続けたい

Keep Reading →

近況November 15, 2018

ブログをやろうかなと思いました。

Keep Reading →